kazumiの優待ライフ

株主優待で老後を豊かに

母のお供でかんぽの宿へ。赤穂

      2015/06/16

母の口癖「お母さんは遠い所が好きやから。」なので、いつも無駄に遠い所に旅します。

今回も、またお決まりの、山口県へのお誘い電話が有りました。

新幹線+お宿2泊=1人45000円なり。

ほとんど往復の移動に時間を使い、お宿ではお散歩程度の観光でまるまる3日間が潰れます。

これで家を8時に出発して、帰宅は夜の8時頃と言う日程なので、温泉に入っているのに疲れます

今回は、どうせ一人45000円使うのなら、近場で車で行ける所にしようと方向転換させました。

去年、従弟と叔母達に連れて行って貰った「かんぽの宿・赤穂」の泉質が肌に良かったと言っており、私ははじめてなのでそこに決めました。

かんぽの宿は全ての客室の料金は同じで、お料理によって金額が異なります。

土曜日は人気で、今回も1部屋しか空が無くて、バリアフリーのお部屋です。

2泊目の日曜日は、バリアフリーのお部屋に予約が入っており、部屋を移動しなくてはいけません。

土曜日は「ハイシーズン」で1人2000円アップです。お料理を特選会席「忠臣蔵プランにしたので、通常は1人17000円ですがこの日は1人19000円ですね。

かんぽの宿のお薦めは1人14000円の、ハモ会席なのですが、来月ハモ尽くしバスツアーを予約しているので毎月もねぇ・・・。

と言う事で、日曜日のお料理は1日限定20食の但馬牛フィレステーキコース16000円にしました。

パンフレットで選んだのですが、大きく書いて有る金額は1部屋3名の分で、2名だと割高ですね。

しかしこの宿泊代金でも1人45000円と考えれば十分納まりますね。

そして今、「かんぽの宿」のHPを見てみると、一番高い日を選んでしまったようです。

6/16からだと1000円引きでWEB限定1000引きと合わせて2000円も安くなるようですね。

まぁ日にちを決めたのは母なので、仕方ないですね。

自宅から赤穂まで、ナビで調べると1時間半程で行けるみたいです。お昼過ぎからの出発で十分です。

前のハリアーにはETCが付いていなかったので、今回ETCカードを装着して初めて高速に乗ります。

ちっとドキドキですが、帰宅したらまた旅行記を書きますね。

ランキングに参加しています。↓↓↓クリックして頂けたら励みになります
にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

 - , ,

Comment

  1. 夏休みに向けて、いろんな宿検討中です。
    参考になりました。

    応援しておきました。ポチッ

    • kazumi より:

      コメントありがとうございます。

      初コメントを頂きましたが、操作の仕方が判らなくて、返信が遅れてしまいました。
      応援ありがとうございました。ブログアップの励みになります。

      良い旅行を楽しんで来て下さいね!

  関連記事

DSC01793
淡路島へ鱧を食べに。読売旅行

昨日、母と叔母・叔母の友達の4人で淡路島に鱧料理を食べに行ってきました。 最寄り …

ダウンロード (20)
母(84歳)の老い・・・。ごみ捨て・買い物・介護

1人暮らしの母の生活が、苦しくなってきました。 金銭面で苦しい訳では無いのですが …

IMG_2318
親孝行旅、2日目は「神戸フルーツ・フラワーパーク」へ。

一夜明けて「六甲保養所」の温泉の入浴時間は6:30からなので、5人揃ってお風呂へ …

dsc01017
2年前に行っていました。長門湯本温泉 大谷山荘・日露首脳会談

昨日から行われている、日露首脳会談。 その会場となって、一躍全国区になった「大谷 …

ダウンロード (18)
親孝行旅、六甲山で宿泊です。

今日は新歌舞伎座で、藤山直美さんのお芝居を観てから、六甲山に泊まり、その足で桜を …

DSC02238
ゆっくり滞在!京都湯の花温泉・渓山閣「松茸づくし会席」日帰りツアー

今日も母(84歳)が選んだ、読売旅行で京都に行ってきました。 2~3日前からお天 …

IMG_0506
母のお供で「新歌舞伎座」へ行って来ました。梅沢富雄・香西かおり

今日は母のお供で「新歌舞伎座」に行って来ました。 今回の演者「梅沢富雄」を知った …

ダウンロード (31)
母の病院by脳神経外科「お気の毒ですが・・・。」

母(84歳)が4~5日前から、頭が強烈に痛い事が2回有ったようです。 後から聞い …

images (5)
昨日に続き今日も、母のお供です。

昨日は母の希望で「眼鏡市場」に行き、無くしたメガネを2個新調してから「温泉」に連 …

img_1837
取に行くのが面倒で・・・。エベル・クラッシック

昨年の12月上旬ハイツの境界線確認の為、神戸に行きました。 その時母の時計の修理 …